FC2ブログ
MY RENOVATION STYLE
プロフィール

プロデューサーK

Author:プロデューサーK
全国で賃貸マンションや中古マンション、
オフィスなどのリノベーションプロデュース
を行っているメゾンドデッサンの
プロデューサー、Kのブログです。
通称「冬でもアイスコーヒーの男」。
リノベーションへの思いや
日々の出来事を綴ります。
●「メゾンドデッサン」サービスサイト
●「メゾンドデッサン」会社HP



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原点に返る
最近、「コンプライアンス(法令遵守)」なる言葉がとても気になります。

そんなことは当たり前のこと。

あまり騒いでも、

そこに付け込むような「意味のわからんクレーマー」を増幅させるだけ。

これからどうなって行くのでしょうか???

決して「顧客満足」の上位概念ではないような気がしますが・・・。

さて本題。

「顧客満足」という言葉はあまり好きではない。

商いというのは本来、「価値と価値の交換」という経済行為にすぎない。

自分の価値と人の価値を交換し、結果としてお互いが喜ぶといったほうが

わかり易いのであろうか。

であるならば、目の前の人に喜んでもらうことだけを考えればいいのではないだろうか。

ましてや「顧客満足の追求」なんていう言葉があるが、

なんで追求しなければならないかといえば、

似たようなどこにでもある商売をしているからである。

つまりライバルが多いから、ライバルに差をつけるために追求しなければ

ならないのである。

だから「顧客満足の追求」といっている企業は、

ライバルばかりを見て、商いをしているのではないだろうか。

本来意識を向けるべきは、「目の前の困っている人」なのである。

松下幸之助氏は新聞記者からの質問で、

「松下電器の成功の秘訣は?」と聞かれた時に、

「雨が降れば傘をさす、それが秘訣です。」


と答えた。

「一人のお客様を守ることが百軒のお客様を増やす」
「相手に喜びや安心を与える」
「サービスとは正しい礼儀である」

ともおっしゃった。

原点と本質を忘れない精神が、いまこそ大切なことではないだろうか。

「雨が降れば傘をさす」

利害や知識や感情にとらわれず、素直な心で目の前の人の

お役に立たなくてはならない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://icecoffee1.blog105.fc2.com/tb.php/9-efe18bf4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。